2016年6月22日水曜日

大指十三浜こどもハウス

それ行け!kakko-loraonn♪  より





この写真 何だと思います?
三陸の漁村 にある「大指十三浜こどもハウス」です


その「こどもハウス」に 先週末 行ってきました

何しに行ったって?

私 大指復興アクションのメンバーなんです





2011年3月11日に東北を襲った大地震
そして 巨大津波

たくさんの人の命を奪った震災は
たくさんの人の生活も奪いました

ノンフィクション作家の山根一眞さんの呼びかけで
2011年5月に発足した このプロジェクト

山根さんが発起するきっかけのひとつに
わが聖新会のDr.増山の言葉があり
 参考記事

そうしたご縁もあり
また

津波によって遊び場や交流の場を失った子供たちのために
夢に満ちた遊びと学びの場「ドームハウス」を作る

という趣旨に大いに感銘し 
私も大指復興アクションに 参加させていただいてます



被災地を訪れたのは 3年ぶり

途中途中で 災害の爪跡と復興の様子を見ながら
大指に向かいました 

除染等によって かなり安全性は高まったようですが
無人の町に 行き交うのは汚染土を積む出す大型ダンプカーばかり。。。
こんな景色を見ると 寂寥感が押し寄せて来ました

原発を使うことで こうした事態を招く ということを本当に思い知らされました
と共に 従事されている方々に頭が下がりました

5年前 3年前と訪れましたが 時間が止まったままなんですよね

そこはなんら変わることはない






こちらは 原町の火力発電所です

上が5年前 下が先週の写真
修理を進めてはいますが まだかかりそうですね。。。


さて 支援を継続的に行ってきた 石巻北上の大指十三浜はというと
仮設住宅はあるものの転居新築等 
随分と活気が出てきています

当時 必要とされていたコミュニティスペースは 既に不要になってきていました
これはすごいことですよね!!

このコミュニティスペースである「こどもハウス」建設の資金を集めるために
たくさんの方々が尽力しました
ひとつの目的を達成するために 出来ることを 出来る分野で行い
資金が集まりました

ジャーナリストの山根一真さん始め 安部浩さん・うちのヒマラヤドクター・南極ドクター
関わったありとあらゆる人たちの総意なんですね

パワーです!

すごい! すごい!!



仮設住宅撤去は 平成31年3月31日までに行うそうです

 「こどもハウス」も それまでには撤収することになるかと思われます
寂しい気もしますが 嬉しいこと!!

役に立てて 本当に良かったです

それまで もう少し頑張って!!